MUTEMATH FAN BLOG


4件のコメント

ダレンのインタビュー

ダレンのインタビューがインドのサイトTHE ASIAN AGEにUPされています。
記事はコチラ。(2013年10月27日付)

インタビューではバンドの概要と影響を受けてきた音楽、新譜の制作段階等について語られています。
またグレッグについても触れられています。
グレッグとは連絡を取り合っているようで、上手くやっているとのこと。
そしてつい最近、第1子が生まれてお父さんになったそうですね!(おめでとう、グレッグ!)

新譜については、まだそれぞれのホームスタジオで曲を書いていて、
公式にレコーディングを行う段階までいっていないとのこと。
うーん、これは年明け発売は難しいかもしれませんね。。。


コメントする

11月に地元ルイジアナでライブ

11月8日にルイジアナ州立大学にてライブを行うようです。
MMオフィシャルのホームページにも日程が追加されています。
コチラの記事によると、チャリティーライブのようですね)

そして先日アナウンスされたMMカスタマイズのコンバース。
ついにオークションがはじまりました!
MMがカスタマイズしたコンバースはコチラ
カスタマイズしたのはダレンのようですね。(ダレン以外にもイラスト描いているのかな?)
オークション終了は10月29日12時(*オーストラリア東部標準時)とのことです。


コメントする

ポールのインタビューがThe Worst Gigに掲載

本日、MUTEMATHのオフィシャルツイッターで発表がありましたが、
今月発売された書籍「The Worst Gig: From Psycho Fans to Stage Riots, Famous Musicians Tell All」に
ポールのインタビューが掲載されているそうです。

こちらのインタビュー、以前ブログでも取り上げたことがあります。(振り返れば2011年!)
おそらく、この内容を書籍化したのではないかと思われます。
(インタビューを掲載しているHPにもこれまでに行ったインタビューを書籍化したとあるので・・・)
過去記事(「最悪だったギグ」)はコチラ


コメントする

MMカスタマイズのコンバース

ツイッターでMMカスタマイズのコンバースがオークションに出品されるとツイートされています。
*一部スマートフォンからはリンクにつながらないようですが、PCからではつながります。)

これはワーナーミュージック(オーストラリア)によるもので、
所属するアーティストの手によってコンバースをデザインをしてもらうとのこと。
MUTEMATHの他、LINKIN PARK、The Black Keys、Bruno Mars、The National、
Red Hot Chili PeppersやSkrillex等も出品する予定だそうです。
どんなデザインのものが出品されるか楽しみですね!

オークションは10月24日から行われるようです。

オークションのオフィシャルサイト「In Their Shoes」はコチラ。(*一部スマホからは見れないようです)
オークションeBayページはコチラ

↓プロモ映像


コメントする

ロイのベース!!

ロイがツイッターでつぶやいていましたが、自身が使用していたベースをebayに出品しています。
出品しているベースは以下の通り。

Fender Fretless Precision Bass 1976/1978
Gibson Thunderbird Bass IV (Cherry) 2005
Fender Precision Bass (50s Road Worn Series, Sunburst)

TV出演の際に使用したものとツアーで使用していたもの
(ひとつはDVD「Flesh and Bones, Electric Fun」に収録されているもの)と書いてありますね!

正直勿体ないですが、頑張れば即決価格でも手が届きそうなお値段ですね。。。
日本への発送はされていないようですが、問い合わせれば日本にも送ってくれるかもしれませんね!
配送料が高くつきそうですが。。。^^;


コメントする

ダレンのインタビュー

ダレンのインタビューがインドのhindustantimesにUPされています。
記事はコチラ。(2013年10月10日付)

新譜について、
少し前にダレン家にみんなで集まってレコーディングをしていましたが、
まだレコーディング作業は続けているようですね。
今回のアルバムは歌詞と音楽のテーマに特に注意を払っている、と答えていますね。